自分好みの住まいを探すために

自分好みの住まいを探すために
自分好みの住まいを探すために

自分好みの住まいを探すために

住まいを選ぶ上で一番重要視することは何ですか?部屋の大きさや、雰囲気、造り、家賃…などいろいろあると思います。やはり自分にあった部屋を選んだ方が毎日楽しく過ごせますし、カスタムのしがいがあります。また家賃が自分の収入と見合うかも重要です。

上記で挙げたこと以外で重要視するべきなのが、自分が住もうとしている街がどのような街なのかということです。街もそれぞれいろんな顔を持っています。おすすめなのは昼間と夜、両方散歩をしてみることです。どんなところにどのようなお店があるのか、どんな人が住んでいるのか、街灯等の安全面は大丈夫かなどや、昼間は人がたくさんいて明るい街でも、夜は実は人が少なく暗い街に変貌を遂げるかもしれません。自分の目で確認してみるといろいろ新発見があり、家を選ぶ基準を増やせます。家に好みがあるように街にも好みがあります。住もうとしている街が自分の好みにあっているのかを見極めることも大事なことです。

住まいは自分自身を休め生きていく場所です。インターネットや本で調べることや、不動産屋さんの意見を聞くことは勿論必要なことですがそれと同じくらい自分の目で調べることが大事だと思います。散歩しながらいろいろなとこに目を向けていると自分好みの「住まい」に巡り会えると思います。